宗教法人道会附属
松村幼稚園

ようこそ!

宗教法人道会附属 松村幼稚園 のホームページへ。
  
   園長のつぶやき  
 
 

1月

  
 新しい年が始まります。
ご家族揃って良いお正月をお迎えになられたことでしょう。

 さて、今年の5月には元号が新たになります。幼稚園は道会の創立者松村介石先生の教えを受け継いだ吉助先生により、昭和31年に開園致しました。昭和、平成、そして新たな時代を迎えます。しかし、時代とともに変化すべき事、変化してはいけない事があると思います。特に幼児教育の真髄はどのような時代が来ても変わること無く続いていくものと信じています。私たちは先人が築いてきた礎のもとに今日があることを心にしっかりと留めながら、これからも歩んで参ります。昨年同様変わらぬご協力をお願い致しますとともに、今年もよろしくお願い致します。

 

2月

  インフルエンザ流行のピークを迎えています。今年は月組からインフルエンザでの休みがはじまり、星組花組と小さいクラスにさがっていき、つぼみ組は先週金曜日にはじめて1人出ました。幼稚園としてもこれ以上の広がりをくい止めるべく衛生面や部屋の換気等より一層の注意を続けていきたいと思います。

  昨今、昔では考えられなかったような事件が起こっています。もしもその様な事が起こったら・・・ 地震等自然災害も含め、色々な出来事に対応すべく対策を考え、子ども達を守るべく教職員話し合っています。特に今年は亥年。過去の大きな災害は亥年に起こることが多いと聞いています。特に満月の前後は要注意。そのことを心にしっかりとどめ、子ども達と楽しい毎日を過ごしてまいりたいと思います。

 
 
 

3月

 

 園庭にふりそそぐ日差しが、春の訪れを感じさせる季節になってきました。木々の芽もぷっくりと膨らみはじめ、いまにもはじけそうです。暖かい日には池の鯉も「ひさしぶりです」と言わんばかりに顔を出し元気一杯泳いでいます。

   幼稚園は今、学期の終わりを迎え、子ども達が帰ると先生方は師走以上に忙しそうです。月組のお母様方も謝恩会の準備を、忙しそうにでもどこか楽しげに進めて下さっています。

  さて子ども達は・・・と目を向けると、いつもと変わらぬ風景。しかしよく見ると、砂場の遊びがダイナミックになり、見晴台にもするすると上り、友達と群れて遊ぶ姿が見られるようになり、井戸を漕ぐ手も慣れたもの。遊びの中にその子らしさが見られ、成長を感じます。

  もうすぐ月組の子ども達は巣立ち、在園の子ども達はそれぞれの学年に進みます。無事に終わろうとしているこの一年に感謝しながら「来年度も、怪我無く、病気をせず、自分を大切に楽しい日々を過ごしてね」と静かに手を合わせます。

  お母様方そしてご家族の皆様、この一年も心温まるご支援、ご協力ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

 浅田 スミ子
          
 
 ☜平成30年度 2学期 令和元年度 1学期☞
 
  
 
 
 
 
 

 

 
 
〒150-0047
東京都渋谷区神山町21-11
TEL:03-3467-5577
 
園長 浅田 スミ子